ダム水源地情報



■河川の自然保護・環境学習・河川愛護等の活動に高い功績が認められ、
 「水守の郷・七ヶ宿」が日本河川協会より表彰されました(宮城県・ 七ヶ宿ちかしゅくダム)

水源地広報センター

 
 

▲ 日本河川協会虫明会長より表彰


▲「水守の郷・七ヶ宿」理事長海藤氏の
受賞挨拶


  「水守の郷・七ヶ宿」は平成18年3月に「七ヶ宿ダム水源地ビジョン」 が策定されたことを受け、地域の活動の推進団体として設立され、 その後NPO法人として同ビジョンに基づき、水源地と水消費地の交流の推進、 水源地保全、環境保全教育など自然環境保全活動等に取り組んでいます。

 「水守の郷・七ヶ宿」の理事長を務める海藤節生氏は宮城県仙台市の生まれで、 環境や町づくりに広くかかわっており、環境保全活動を進めています。
 海藤理事長は、1980年にプロデビューした「ハウンドドッグ」の初代ベーシストで、 現在「AND EVER〜共生〜」など、人の心をテーマにしたメッ セージソング などを発表しているエコロジカルアーティストという一面もお持ちです。


・東北地方整備局 七ヶ宿ダム ホームページ:http://www.thr.mlit.go.jp/shichika/



■仙台市などの水がめ釜房ダム湖畔「鯉のぼり」でリフレッシュ(宮城県・ 釜房かまふさダム)

国土交通省
釜房ダム管理所

 
 

▲釜房ダム湖畔「鯉のぼり」


 釜房ダム管理所では、毎年ダム湖である釜房湖周辺にある川崎町等が管理する桜並木の開花や新緑及びGWの時期にあわせ、釜房湖を一望できる管理所敷地の高台に「鯉のぼり」を掲揚しています。
 この行事は、川崎町にある釜房ダムとその隣にある国営みちのく杜の湖畔公園を訪れる県内外の方々へ、釜房ダムの役割である治水、利水及び環境についての理解を深めて頂くとともに、心身をリフレッシュしてもらうことを目的に行って います。

 釜房湖に生息する代表的な魚である鯉の滝のぼりをイメージした「鯉のぼり」は、景観をより一層引き立たせるために平成15年から掲揚され、今年で10回目となりました。
 釜房ダム管理所庁舎南側の高台に掲揚する鯉のぼりは、ほとんどが川崎町等の住民の皆様から提供して頂いたもので、たくさんの鯉のぼりが蔵王連峰の残雪を背景に連 なって泳ぐ様は、ダム湖周辺の桜並木や新緑、そして満々と水を湛える青い湖面に映えてとても美しいものです。今年も、4月17日〜5月6日の間、地元の方はもとより仙台市などから家族連れ等たくさんの人が訪れ、カメラ撮影や眺望、散策などを楽しまれました。


   
▲鯉のぼり   ▲庁舎と鯉のぼり
 

▲桜と釜房湖


  ■その他、湖畔で「鯉のぼり」を掲揚しているダム

  竜神りゅうじんダム (茨城県)
  船明ふなぎらダム (静岡県)
  七川しちかわダム (和歌山県)
  広川ひろがわダム (和歌山県)
  島ノ瀬しまのせダム (和歌山県)
  一庫ひとくらダム (兵庫県)
  神浦こうのうらダム (長崎県)
  日南にちなんダム (宮城県)
  羽地はねじダム (沖縄県)
 
 掲載したダム以外での「鯉のぼり」情報がありましたらお待ちしております。 ダムに関する各所の情報もお待ちしております。
メールマガジン登録→ご感想フォームによりご一報下さい。)


■平成25年度「地域に開かれたダム」、全国連絡協議会 総会を開催しました


「地域に開かれたダム」全国連絡協議会事務局

川根本町役場商工観光課商工交流室

 
 

▲「地域に開かれたダム」全国連絡協議会 総会

▲ 高畑課長補佐の話題提供▲水管理・国土保全局 足立局長、
山崎次長へ要望活動


 

 平成25年5月17日、「地域に開かれたダム」全国連絡協議会において、「地域に開かれたダム」の利用促進に関する要望活動、および全国連絡協議会の総会が行われました。
 この協議会は、ダムやダム湖及びその周辺地域が、水と緑のオープンスペースとして、その利活用の推進、自然環境の保全等を図ることにより、地域の活性化に重要な役割を果たすことを目的として、平成6年に設立されました。
 現在、全国で46ダムが「地域に開かれたダム」の指定を受けています。

  要望活動では、国土交通省水管理・国土保全局 足立敏之局長に、「地域に開かれたダム」の.瀬狎鞍施設を有効かつ効果的に利活用するための財政支援、▲瀬狄絽暫楼茱咼献腑鵑魘餮讐修垢襪燭瓩竜蚕兒愼魁財政的支援、及び他省庁との連携、上下流域の交流を深めていくための取り組みについての支援、などについて要望書が提出されました。

  総会では、佐藤公俊会長(静岡県川根本町長)を始めとした新たな役員の選任のほか、現地交流会などの活動計画、協議会員の地域における情報発信や意見交換、国土交通省高畑栄治課長補佐から「ダム事業を巡る現状と今後の展望」についての話題提供など、ダム所在地域における活性化方策に向けた有意義な議論が進められました。

  ダム周辺整備施設の利用促進を国と地方自治体、住民が一体となって、今後さらなる地域活性化に結びつけていくことを今回の協議会で確認されました。







■ダムの中で結婚式(新潟県・内の倉うちのくらダム)


水源地広報センター


 
 

▲放流中の内の倉ダム


▲堤体内新郎新婦


 平成25年5月25日、新緑・五月晴れのもと、満々と湛えるダムの中で結婚式が執り行われました。 ここ新潟県営内の倉ダムは、日本で13ある中空重力式ダムで、高さ86mのダムの中には、6つの空洞があります。式は高さ約38m×縦約58m×幅約10mの空洞で行われ、純白ドレスの新婦と作業服の新郎が長靴・ヘルメット姿で、牧師(ダムマニアの宮島さん)と全国ダムマニア30人の前で、結婚を誓いました。

 牧師の声、誓いの言葉、讃美歌、ダムの歌は、ダムの中で反響し、たいへん厳かなものでありました。これまで二人合わせて600ダムを訪れた新郎新婦ですが、「まさかダムで挙式できるとは夢のようです。ダムのように堅実な夫婦になりたい」と感激していました。駆け付けたご両親も戸惑いながらも、安心され大変満足そうなご様子でした。

 今回のイベントは、管理する新潟県が検討の結果、安全に配慮した上での特例として開催しました。新発田地域振興局ダム管理課長さんにお聞きすると、内の倉ダムでこのようなおめでたい結婚式を挙げていただき、これを機会にダムに興味を持たれ、ダムについての理解が深まれば有り難い。この空洞では、年に一度コンサートが開かれるほか、小学生が、笛なども持って来て演奏され、楽器により音色が大きく変わります。内の倉ダムは、洪水調節、かんがい用水、水道、発電を目的とする多目的ダムで、 かんがい用水は、下流新発田市周辺の約7,000haの田んぼに補給されており、現在満水しているダムの水は、農家にとっては大変貴重な水で、一滴も無駄に流さずその管理に気を使っています。昨年は渇水で、かんがいの容量1,690万m³を殆ど使い切って、大活躍したということでした。

 満水の貯水池のダム越流部2か所から、新郎新婦を祝福するように、真っ白かつ雄大な二条の幕が勢いよくはためいていました。
青空にそびえるこの流れ、ダムマニアのお二人とって、永遠の宝となるでしょう。
 

 

・新潟県 内の倉ダム ホームページ:http://www.pref.niigata.lg.jp/shibata_seibi/damu-u.html/


■ダム愛好家ならではの逸品

       
  ▲ヘルメット   ▲結婚指輪
 

▲記念品

  ▲イラストの贈り物



 
 二人の夢を叶えたプロデューサーの宮島さんに、今回の企画等についてお聞きしました。

Q1.誰がこの企画を発案したのでしょう?

 私が発案しました。 10年ほど前、中空重力式コンクリートダムである静岡県の井川ダムの堤体内に入る機会がありました。 中に入っての第一の感想は、「神殿みたい」でした。 ここで結婚式を挙げたら幸せだろうと感じました。 あいにく、小生は既婚者なので、この望はもうかなえることができません。 となると、我々ダム愛好家同士の結婚を待つしかありませんでした。 10年経過後の今年。やっとその夢が実現しました。 ダム愛好家同士が結婚するというのです。 ご両人は、式も披露宴も挙げないという事でしたので、これはぜひともダム愛好家でお祝いしましょうという事になりました。 こうなると、当然、挙式はダム内ということになり、トントン拍子に話が進みました。

Q2.結婚式等を行ってみてどうでしたか?

 中空重力式の堤体内は、思った以上に音が響きました。このため、合唱や台詞など、非常に聞き取りにくいものになってしまったことが反省点です。もう少し入念に下調べをしておくべきでした。 皆様のご協力もあり、それ以外は、かなりスムーズにいったと思います。入場から退場まで、スケジュール通りに進みました。ダムのエレベータは、中に多くの人が入場することを想定して造られておりませんので、入退場にそれぞれ30分を費やしましたが、折り込み済みでした。私は牧師役をつとめていましたが、挙式の最中は、何が何だか分かりませんでした。 台詞を言うのがやっとでした。

Q3.今後もこのような結婚式等を行ってみたいですか?

 また機会があれば、この様な結婚式をおこなってみたいと思います。堤体内結婚式は、我々ダム愛好家の夢ですから。また、ダム愛好家だけの結婚式だけではなく、ダムに興味がないかたの結婚式をおこなうのも良いかも知れません。ダム活性化のため、このようなイベントをおこなって、ダムがより開放されることを望みます。この結婚式は、新潟県内の倉ダムさんのご協力無しには成立しないものでした。快く式を承諾して下さった新潟県の職員様、本当にありがとうございました。



 宮島さん、ダム管理所の片桐課長、新郎新婦、ダムマニアの方々、お忙しいところご協力頂きましてありがとうございました。




 





 








■試験湛水中のダム(国土交通省所管) 平成25年5月

国土交通省 水管理・国土保全局

ダム名 管理者 ダム湖 河川名 型式 所在地 堤高 堤頂長 堤体積 集水
面積
湛水
面積
総貯水
容量
有効貯水
容量
m m 千m³ km² km² 千m³ 千m³
野間川のまがわダム 広島県   芦田川水系
野間川
重力式
コンクリート
広島県三原市久井町 31.5 112.6 26 4.4 0.06 560 494
胆沢いさわダム 国土交通省 奥州湖 北上川水系
胆沢川
ロックフィル 岩手県奥州市胆沢区若柳 132.0 723.0 13,500 185.0 4.40 143,000 132,000
内海うちのみダム 香川県   別当川水系
別当川
重力式
コンクリート
香川県小豆郡小豆島町 43.0 423.0 152 4.8 0.08 1,060 915
徳富とっぷダム 北海道   石狩川水系
徳富川
重力式
コンクリート
北海道樺戸郡新十津川町 78.4 309.0 531 65.3 1.59 36,000 33,400