ダム・水源地トピックス 今月の行事 水源地紹介 水源地域ビジョン活動 ワンポイント・ぜみなーる 編集局便り

水源地域ビジョンの活動紹介

(一財)水源地環境センター
広報センター

■「水源地域ビジョンとは」

 水源地域ビジョンとは、ダム及びダム周辺の豊かな自然及び水源地域の伝統的な文化活動を利用した水源地域の自立的、持続的な活性化の方策とともに、ダム事業者・管理者及び関係行政機関が行う支援方策等を定めるものであり、人づくりや既存施設の有効活用の推進等によるソフト対策に重点が置かれています。
 水源地域ビジョンは、国土交通省直轄ダム、水資源機構ダムで平成13年4月から作成が開始され、現在112ダムで作成されています。
 水源地域ビジョンは、ダム管理者、河川管理者、水源地域自治体、青年会議所、観光協会、利水事業者、河川利用者等と連携のもと作成されます。水源地域ビジョンが作成されますと、推進連絡協議会や推進委員会のもと地域の連携により、ビジョンに合った活動を推進します。

>>水源地域ビジョン(国土交通省)

■「水源地域ビジョンの活動」

 水源地ネットでは、水源地域ビジョンが作成され、それに基づき活発な活動をしている事例を紹介しています。
 これらを参考として全国ダムの水源地域ビジョンによる水源地域活性化がより推進されることを期待しています。
 水源地ネットに他のダムの参考となるような水源地域活動状況の情報をお寄せください。

 

【事例紹介ダム】
長島ダム   金山ダム   土師ダム   湯田ダム     天ヶ瀬ダム




■事例紹介


長島ダム水源地域ビジョンの推進活動状況(長島ながしまダム)


 
 

▲長島ダム



 長島ダムは2002年(平成14年)4月に一級水系・大井川中流部に建設され、中部地方整備局 長島ダム管理所で管理されています。
 長島ダム水源地域ビジョンは、長島ダム水源地域ビジョン検討会が平成15年12月に設立され、現地見学会、先進事例調査などを頻繁に重ね、平成16年3月に策定されました。
 



1.長島ダムの概要


 大井川は、静岡県の中部に位置し、その源は静岡県、長野県、山梨県の3県境に位置する間ノ岳あいのだけ(標高3,189m)からはじまり、静岡県の中央部を南北に流れ、駿河湾に注いでいる延長168km、流域面積1,280km²の一級河川です。
 長島ダムは、大井川河口から約84kmの大井川中流に位置する大井川で唯一の多目的ダム(重力式コンクリートダム)で、治水上の重要な施設となっています。
 ダムの規模は、堤高109m、堤頂長308m、流域面積534.3km²、湛水面積2.33km²、総貯水量7800万m³を有しています。
 長島ダムで貯められた水は、農業用水、水道用水、工業用水として社会・経済活動に不可欠な存在として下流域7市で利用されており、安定的に水供給できるよう努めています。


2.長島ダム事業の経緯


年月

事業内容

昭和40年9月
昭和44年8月

大井川流域で大洪水が発生し長島ダム建設の契機となる。

昭和47年5月

実施計画調査に着手

昭和49年4月

大井川工事実施基本計画改訂

昭和53年12月

長島ダム建設に関する基本計画の告示

平成元年1月

本体建設工事に着手

平成7年4月

地域に開かれたダムに指定

平成12年10月

試験湛水開始

平成14年4月

管理開始

平成16年3月

長島ダム水源地域ビジョンの策定

平成18年11月

大井川水系河川整備基本方針の策定

平成19年4月

工業用水通水



3.長島ダム水源地域ビジョンの策定


 長島ダム管理所では、平成14年度より長島ダム水源地域である川根本町の町民・行政の方々、大井川流域自治体の行政の方々と協力して 「長島ダム水源地域ビジョン」について検討を開始し、平成16年3月に取りまとめました。


4.長島ダム水源地域ビジョン推進会議


(1)設立した時期


 平成15年12月


(2)推進会議のメンバー構成


 ダム所在地周辺住民、各種団体(森林組合、観光協会等)、 事務局(川根本町、長島ダム管理所)


(3)推進会議のメンバー構成


〜大井川の恵みの共有〜
 上下流交流や水源地域内の連携の取り組みが進むことは、水源流域だけの活性化にとどまらず、大井川という共有財産で結ばれた流域の自治体が大井川の豊かな水資源の確保、大井川を軸とした地域ブランドの確立、大井川と共にある自然資源や文化資源の享受といった形で "大井川の恵みの共有" をすることにつながると考えられることから、これを目標と定めました。


5.長島ダム水源地域ビジョンの主な活動概要


 毎年行われている活動は、森と湖に親しむ旬間、奥大井接岨湖せっそこまつり、シバザクラ植栽事業があり、主な活動を以下に示します。


(1)森と湖に親しむ旬間


 国土交通省及び林野庁では、昭和62年度から、国民の皆さんに森林や湖に親しむことにより、心身をリフレッシュしながら、森林やダム等のもっている自然豊かな空間や社会生活にはたしている役割について理解を深めていただくことを目的として、毎年7月最後の10日間を「森と湖に親しむ旬間」として定めています。
 平成24年は、カヌーツアーや治山教室、ダム探検ツアー、ダム貯水池巡視体験、地場産品販売等を行いました。

   
▲カヌーツアー   ▲ダム探検ツアー

 

▲地場産品販売


(2)奥大井接岨湖まつり


 平成16年度から「森と湖に親しむ旬間」にあわせ、水源地域ビジョン推進会議主催の「奥大井接岨湖まつり」を開催していました。また、平成18年からは秋の祭りとしてダム周辺の紅葉が楽しめる時期に開催するようになりました。 平成23年は紅葉ハイキングやカヌークルージング、長島ダム探検ツアー、地場産品販売をしました。

   
▲紅葉ハイキング   ▲長島ダム探検ツアー

 

▲マスコットも登場

(3)シバザクラ植栽事業


 大井川の上下流交流やダム周辺の活性化を目的として、平成20年から毎年シバザクラの植栽事業を行っています。 植栽場所は長島ダム下流右岸の斜面、毎年3月に下流利水地域からの一般参加者(公募)及び地域住民の協働植栽により、シバザクラの範囲が広がってきています。
 大井川の上下流交流により整備されてきた場所ですので、名称を「大井川流域交流広場」と名付けました。 今年度もシバザクラ植栽事業を3月に予定しています。


   
▲見頃を迎えたシバザクラ   ▲シバザクラと長島ダム

 

▲シバザクラ植栽状況



6.長島ダムと地域との連携(最近の話題)


(1)連携したダム見学


 長島ダム管理所では観光協会や企業と連携して観光ツアーのコース内にダム見学を盛り込み、ダムを訪れたお客様に喜んで頂いています。 今年の夏は地域の公共交通機関である大井川鐵道株式会社のSL列車や日本唯一のアプト式鉄道と連携したダム見学を行いました。近傍の予定としては、中日本高速道路(株)他の観光ツアー内でダム見学を行います。 長島ダム及びふれあい館には年間約2万人もの皆様においでいただき、長島ダムの重要性等をご理解いただいております。


   
▲ダム堤体内見学   ▲ダム天端展望台

 

▲見学施設内

 

(2)流域団体との連携


 川根本町LC(ライオンズクラブ)から桜の苗木を寄贈して頂き、平成24年11月1日に植樹祭を行いました。植樹祭当日は多くの関係者に参加協力をいただき、大井川流域交流広場他に植樹しました。

 また、10月27日にはロンドンオリンピックでカヌー競技日本代表として参加された"大村あすみ"さんも駆け付けて植樹をしていただきました。
 "大村あすみ"さんは、長島ダムの建設により出来たダム湖内のカヌー競技場でカヌーを始められ、今後もリオデジャネイロオリンピックを目差しています。

   
▲"大村あすみ"さんの植樹状況   ▲植樹状況と長島ダム

 

▲植樹状況


7.長島ダム水源地域ビジョンの今後の活動の進め方


 長島ダム水源地域ビジョンは推進協議会設立から9年目を迎え、地域活動や流域連携の必要性を確認、実感しあいながら活動を進めています。
 今後は、大井川の重要な資源である自然環境を活用し、SL列車やアプト式鉄道の走る大井川鐵道、周辺温泉地(寸又峡、接岨峡)、川根茶といった地域の魅力を生かし、地域・流域が一体となった活動で長島ダム周辺の活性化に勤めます。


日々活動の詳細は長島ダム管理所ホームページでご覧ください。
     HP:http://www.cbr.mlit.go.jp/nagashima/index.html
     問合せ先:国土交通省 中部地方整備局 長島ダム管理所
     TEL(0547)59-1021  FAX(0547)59-1026 


今回のダム水源地域ビジョンは長島ダム管理所にご協力頂きました。



■バックナンバー


   
 天ヶ瀬ダム水源地域ビジョン 2012年6月号掲載
 湯田ダム水源地域ビジョン 2012年7月号掲載
 土師ダム水源地域ビジョン 2012年9月号掲載
 金山ダム水源地域ビジョン 2012年10月号掲載
 長島ダム水源地域ビジョン 2012年12月号掲載